リフレッシュ!疲労回復、ヨガポーズ

疲れをとる、ヨガポーズ

仕事や通勤電車、長時間同じ姿勢でいれば疲れが身体に溜まってしまいますよね。
いくつか疲れをとるストレッチの方法を集めました。
ときどき凝り固まった身体を解放してリフレッシュ!

どこでも

ゆっくりした呼吸

  1. 目を閉じます。
  2. 意識的な、ゆっくりした呼吸を1分間続ける
    (吐く方を長く。吸うのが3秒なら吐くのを6秒)。

夕暮れの疲れが溜まった時など、これだけでも一旦リフレッシュします。気持ちが落ち着きます。
目を休ませる(目を1分閉じる)だけでも効果があります。

オフィスで

お尻の筋肉を伸ばす

  1. 椅子に浅く座り、脚の裏側を伸ばします。
  2. かかとは地面につけ、つま先を上に向けます。
  3. 右のくるぶしを左のひざにのせます。
  4. 背筋をのばしたまま、上半身を前に倒します。
  5. ゆっくり呼吸します。
  6. お尻と脚の裏側の筋肉が伸びるのを感じます。
  7. 左右入れ替えて行います。

 

両手をあげるポーズ

 

  1. 指をからめて腕を上げ、手のひらを天井に向けます。
  2. 頭を前に倒し、首の後ろを伸ばします。
  3. ゆっくり呼吸します。
  4. 手を組み替えてもう一度行います。

 

手を後ろに伸ばすポーズ

 

  1. 背中の後ろで両手を組みます。
  2. 組んだ手を下に引っ張り、肩甲骨をできるだけ寄せます。
  3. 胸を開き、ゆっくり呼吸します。

 

自宅で

 足もみ

  1. 手の指を足の指の間に入れて組みます。
  2. 組んだ手で足首を回します。もう一方の手は親指で足裏を押します。
  3. そのあと足裏全体をもみます。
  4. 左右入れ替えて行います。(右回り・左回り10回ずつ)

 

(一つ足の)鳩王のポーズ

  1. まず、四つん這いになります。(手は肩の下に、ひざは骨盤の下です)
  2. 四つん這いのまま、つま先をたて、足の親指の付け根に力をいれ、足の裏を伸ばします。
  3. それから、上の絵のように、右足を前に出し、膝を外側に開きます。左足は後ろに伸ばします。
  4. ゆっくり呼吸します。
  5. 左右入れ替えて行います。

 

(片足仰向けの)英雄のポーズ

  1. 仰向けに寝ます。
  2. 左足を伸ばし、右足はお尻の外側につけます。
  3. 伸ばした左足は踵と母子球を突き出し、足裏を伸ばします。
  4. 右足は足の甲で床を押し、太ももを伸ばします。
  5. 両腕を頭の上で組みます。
  6. ゆっくり呼吸します。
  7. 左右入れ替えて行います。

 

針の穴のポーズ

  1. 仰向けになります。
  2. 左のくるぶしを右のももの上にのせます。
  3. 両手を左ももの裏で組みます。
  4. 息を吐きながらももを胸に引き寄せ、呼吸を5回します。
  5. ももにのせている足のかかとは、右側の壁を蹴るように90度に、つま先は立てます。
  6. 左右入れ替えて行います。

 

いかがでしたでしょうか?少しでも参考になれば嬉しいです!

参照・参考
石井正則著『やってはいけないヨガ 正しいやり方 逆効果なやり方』青春出版社 2018.1.5

関連記事

ヨガのクラスに男性がいたら気にする?

ヨガって何?ルーツと効果

運動中のメイクは肌に良くない?

ヨガで筋肉痛になったら休んだほうがいい?

猫背を治す?!ヨガの「山のポーズ」がヒント

股関節をほぐす、ヨガポーズ