股関節をほぐす、ヨガポーズ

歩いているとき、うっかりつまずいて転びそうになったりすることはありませんか?
それは、股関節まわりの筋肉が凝っていて、足をしっかり動かせていないのかもしれません。

正しい歩き方は「股関節がしっかり動いて腰から前に出るイメージ」ということですが、
キレイな姿勢で歩くときも、ケガの防止にも、股関節の柔軟性を保つことが大事です!

この、股関節の凝りを解消し、柔らかくするヨガのポーズをまとめてみました。

日常の動作によって身体はすぐ歪んでしまいます。
股関節のコリをほぐすことによって、期待できる効果は、血流を良くして冷えなどを緩和
骨盤のゆがみを直して綺麗な姿勢に改善、などです。

まずは、準備体操

普段使わない筋肉をいきなり動かすと、つったりしますので、軽く全身をほぐします。

膝をばたばた

  1. 膝を開いて座ります。
  2. 両足の裏を合わせて両手で掴みます。
  3. 膝を上下に動かして股関節をほぐします。

これは簡単です。

股関節を前後に

  1. 両足の裏を合わせて座っている状態です。
  2. 両手を後ろにつきます。
  3. お尻を床に置きながら、前後に動かすようにして股関節をほぐします。

これも簡単です!

「ガスぬきのポーズ」

  1. 寝転がって片膝を胸のところで抱えます。
  2. ゆっくり呼吸します。
  3. 左右行います。

ゆがんだ骨盤を正しい位置に戻すそうです。これも簡単ですね!

「ハッピーベビーのポーズ」

 

  1. 仰向けになります。
  2. 吐く息で膝を曲げ、お腹に引き寄せます。
  3. 吸う息で両足を外側からつかみます。
  4. 両膝をさらに脇の下まで開きます。(両足首は膝の真上、すねを床に対して直角です)
  5. 足の裏は天井に向かって、両手は引き下げて抵抗を作ります。
  6. 1分ほどゆっくり呼吸します。

寝転がった赤ん坊ポーズ、誰かにみられると多少気恥ずかしいかもしれないですが、
寝る前のストレッチによいです。脳を休め、疲れをとると言われるポーズです。

「牛の顔のポーズ」

  1. 足を伸ばして座った状態で、右膝を曲げて左足の上に乗せます。
  2. 左足も曲げます。
  3. 両方の坐骨に均等に体重をかけます。骨盤と左右のかかとの距離は均等に。
  4. 左の手を上に伸ばしてから、肘を曲げて背中の方へおきます。
  5. 右の手は下から背中へ回し、左手を掴みます。(つかめない場合はタオルを補助にします)
  6. 1分ほどゆっくり呼吸します。
  7. 左右行います。

ちょっと難しいですが、組んだ足どうしが、かなり効きます。(慣れないうちはやりすぎないようにご注意!)

いかがでしょうか?少しでも参考になりましたら嬉しいです!

参照・参考
「ヨガジャーナル日本版」http://yogajo.jp/pose/lists/2/1.html

 

関連記事

ヨガはどのくらいの頻度でするのが良いの?持続させるコツ

ホットヨガ・カルド銀座の体験行ってみた!感想

自宅でヨガするなら、オススメの動画3つ

ヨガで筋肉痛になったら休んだほうがいい?

ヨガのクラスに男性がいたら気にする?

猫背を治す?!ヨガの「山のポーズ」がヒント